ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

コスモ・ライフォロジーとは

みなさんは宇宙をどのようなイメージでとらえていますか?

星々が輝く、壮大で魅力的なワクワクする世界?
真っ暗で何もない、ただただ広い空っぽの世界?
自分はどこからきて、どこへ向かうのか、それを教えてくれる存在?
自分をちっぽけな存在に感じさせる、おそろしい存在?

宇宙のとらえ方は一人ひとり違うと思います。

そして、一人ひとり違っていて、いいと思います。

なぜなら、宇宙は「自分の心を映す鏡」だから。

一人ひとり心の世界は違うのだから、映す宇宙も人それぞれ。

あなたには、今、どんな宇宙が見えていますか?

そして、これからどんな宇宙を見てみたいですか?

コスモ・ライフォロジーは、みなさんに新しい宇宙の姿をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

双子で成り立つ宇宙

この世界は、宇宙空間も含めて、すべてが「双子」で成り立っています。

  • プラスとマイナス
  • S極とN極
  • 空と大地
  • 男と女
  • 右手(右足)と左手(左足)
  • 静脈と動脈
  • 思考と感情
  • 内在世界(心)と外在世界など

そして、宇宙すべては「双子の命」で脈動しています。

  • 昼と夜
  • 季節の温度差(夏と冬)
  • 交感神経と副交感神経
  • 活動と休息
  • レム睡眠とノンレム睡眠
  • 生と死など

普段から当たり前に思っていたことも、「双子で成り立っている」「双子の命で脈動している」と聞くと、世界の見え方が少し変わってきませんか?

これらはただ起こっているのではなく、その裏側に私たちが気づかない双子の命の脈動があるんです。

そのようにとらえると、宇宙が生命体のように感じてきませんか?

宇宙的男女の双子構造~ミックスツイン構造~

コスモ・ライフォロジーでは、この宇宙の双子は「男性性」「女性性」の性質を持っていると考えています。

人間や動植物の性が男と女に分かれているのは、宇宙が男女の双子だからです。

自然界の命の脈動がもつ性質も、「男性性」と「女性性」の二種類に性質が分けられます。

そして、私たち人間という存在は、宇宙の双子を象徴的に表したもの。

さらにこれは人間の性だけでなく、一人ひとりの意識も「男性性(自我意識)」「女性性(無意識)」の双子で構成されています。

つまり、宇宙の双子はこの世界を構成する鋳型いがたなのです。

宇宙は、自分自身をフラクタルに適用させることによって、私たちが今目の前に見ているような、複雑で多彩な世界を創り出しています。

コスモ・ライフォロジーではこの構造のことを、宇宙的男女の双子構造「ミックスツイン構造」と呼んでいます。

このミックスツイン構造を一つの宇宙の鋳型いがた(構造)としてとらえ、人生で起こるあらゆる諸問題に対して、宇宙の構造を用いて解決策を見出したいと思っています。

そして、「宇宙と調和した人生とは一体どういうものなのか?」を追究し、新しい宇宙的な視点を持って歩む人生というものを創出したいと考えています。

半身を失っている私たち

自然界はつねにミックスツインで活動しています。

自然界は宇宙と同じ構造を持っているので、すべてが調和しています。

季節の移り変わりの中で、動植物はそれにあらがうことなく、すべてを受け入れ、それに沿って生きるからこそ、自然界はどこにも支障をきたすことはありません。

すべてが調和することで、命がず~っと続いています。

しかし、私たち人間だけは違います。

生き延びるために自然を破壊し、人々は争いつづけています。

つねに「これからどう生きればいいのか?」を考えています。

その難題が、社会レベルだけでなく、一人ひとりの人生にも重くのしかかっています。

私たちがつねに明日を心配してしまう理由は、人間存在、そして人間の意識だけが未だミックスツイン構造を持っていないからです。

双子の意識の片割れを失っているのです。

これをコスモ・ライフォロジーでは、「半身を失っている」と表現します。

半身を失っているからこそ、宇宙そして自然界と調和することができないのです。

この失われた半身をどうすれば獲得できるのか、そして、どうすれば宇宙と調和した世界、そして人生を創出することができるのか。

この難題を解決するためには、まずは一人ひとりの意識改革が必要だと考えています。

ですので、コスモ・ライフォロジーでは「人生」というジャンルに焦点を当て、心の問題や人間関係の概念を根底からひっくり返して、宇宙的な視点でとらえる新しい思考形態を作っていきたいと思っています。

その新しい思考形態こそが、失われた半身を見出すために重要な思考だと考えています。

すべてを反転させる

私たち人間は、つねに外側へ外側へ意識を向けます。

そして、つねに外側にある社会や人を責めています。

しかし、そこで感じている問題意識が、じつは自分の心が原因で起こっていることだとしたらどうでしょう?

冒頭でお話したことが、ここにつながってくるのです。

「宇宙は自分の心の写し鏡」

自分の内的問題を解決したとき、世界をとらえる意識が180度変わってしまうとしたら?

まるで、別世界にでも来たような感覚を得るとしたら?

そう、自分の心、そして意識が変われば世界も変わるのです。

そのためには、外側へ向いてしまう意識を、自分の内側へ向ける必要があるのです。

それが「反転意識」です。

この反転意識の所作を身につけ、自分自身を深く深く知っていくことで、人生をより豊かなものへ変えていくことができると考えています。

ですので、コスモ・ライフォロジーでは心理学的観点と宇宙の構造をダブルで用いて、心という宇宙を探索していきます。

「わたし」には「あなた」が必要

人は一人では生きていけません。

かならず他者の支えが必要になります。

ですが、「人生の悩みの9割は人間関係」と言われるほど、私たちは人間関係がうまくいかず悩み、ときには人と争って孤立してしまいます。

しかしその悩みは、人間関係だけに問題があるのではないのです。

自分の中のもう一人の存在、インナーチャイルドとの関係がうまくいっていないからこそ、外側での人間関係もうまくいかないのです。

自分の中の双子がケンカをしているのです。

自分の中からすでに、「わたし」と「あなた」という関係は始まっています。

まずは自分の中の双子の絆を取り戻し、そしてその次に人間関係における「わたし」と「あなた」の絆を構築することで、宇宙と同じキレイなミックスツインのフラクタル構造を作っていきます。

その構造が見出だせたとき、初めて私たちは宇宙との一体感、そして「わたし」と「あなた」との一体感を感じることでしょう。

男女関係から見えてくるもの

宇宙全体を脈動させている男女の双子の神様。

それをもっとも象徴的に表現したのが、人間の男女だと考えています。

ですので、「宇宙を知りたければ、人間の男女を研究すべし」という考えのもと、コスモ・ライフォロジーでは人間の男女関係、とくにジェンダー問題に対して研究を進めています。

なぜジェンダー問題に注目するかというと、人間意識が失っている半身は「女性性」の性質を持つからです。

そしてその失われた半身としての「女性性」意識は、人間の意識においては自然発生的に獲得できるものではありません。

「女性性」の意識は、自らが努力し、葛藤を乗り越えた上で獲得していかなければいけないのです。

しかし、この「女性性」はいまだ未知の性質であるため、その意識を獲得する以前の問題として、人類はほとんど「女性性」を知らない、理解していないという問題点があげられるのです。

人間の男女がなかなか歩み寄れない理由も、ここにあると考えます。

ですので、人間の意識をミックスツイン構造にするために、宇宙の構造をもっとも象徴的に表現した人間の男女関係に焦点を当て、「女性性」の性質を女性の身体をベースに探究しています。

その性質が明らかになることによって、人間関係だけでなく、自分の中の女性性(インナーチャイルド)との絆も修復することができ、内在世界も外在世界もキレイなミックスツインのフラクタル構造ができあがると考えています。

コスモ・ライフォロジーが夢見る未来予想図

コスモ・ライフォロジーが夢見る未来予想図は、とてもシンプルです。

それは、内も外もミックスツインで成り立つ「宇宙的な恋人たちの世界」です。

それは、「男性性」と「女性性」がともに歩み寄り、互いを思いやり愛し合う、そんなロマンティックな世界。

その世界が創出できたとき、ようやく「地球は愛の星」と言われる理由がわかるのではないだろうかと私は思います。

コスモ・ライフォロジーは思考ツール

コスモ・ライフォロジーはミックスツイン構造を用いて、宇宙の構造、そして心の構造を学んでいきます。

しかし、コスモ・ライフォロジーはあくまでも新しい思考ツール、アプリです。

「これを学んだら幸せになれる!」といったものではありません。

自分で思考し、答えを出して、自分の力で人生を歩んだとき、はじめてそこで自分にとっての幸せがおとずれます。

その思考をサポートするのがコスモ・ライフォロジーだと思っていただければ嬉しいです。

ですので、コスモ・ライフォロジーと一緒に「自分で考える力」を育てていきたいと考えています。

宇宙の構造を楽しく学んで、それをご自分の人生に適用させて、より良い人生を歩んでいきましょう♪

ヌーソロジーについて

コスモ・ライフォロジーは、ヌーソロジーという宇宙論、または意識物理学とも呼ばれるものをベースに考案した思想になります。

ヌーソロジーは、半田広宣さんという方が提唱していらっしゃる思想で、おもに素粒子を中心に宇宙の構造(イデア)の研究が進められています。

私は2019年よりヌーソロジーを学びはじめたのですが、現在は初心者さん向けヌーソロジーサイトを立ち上げ、運営しています。

コスモ・ライフォロジーを考案したきっかけの一つに、ヌーソロジーの存在が大きく関わっています。

ヌーソロジーはとても難しい宇宙論です。

人間にヌーソロジーのような概念がないため、理解したくても理解できない、というくらい難解な宇宙論です。

私にとってヌーソロジーは真実の宇宙論だと確信しているため、「どうにかして、もっとわかりやすくヌーソロジーを伝える方法はないだろうか」と考えた結果、ヌーソロジーの中から「これさえわかれば十分!」と思える重要なエッセンスだけを抽出して考案したのがコスモ・ライフォロジーなのです。

もともと私自身が自己内観をしていくなかで、ヌーソロジーの構造論を用いて思考していたのが功を奏し、心の問題解決や人間関係といった、比較的身近なテーマにヌーソロジーを持ち込むことができ、そこから生まれたのがコスモ・ライフォロジーでした。

コスモ・ライフォロジーであれば、難解な言葉を用いず、日々当たり前に使っている言葉、そして感覚を通して、ヌーソロジーを伝えていけると考えています。

私は、ヌーソロジーの概念を今後の人類の「当たり前の常識」になればいいなという思いもあって、コスモ・ライフォロジーを世の中に広めていきたいと思いました。

コスモ・ライフォロジーのその奥にはヌーソロジーが息づいています。

ぜひ、ヌーソロジーの鼓動をコスモ・ライフォロジーから感じ取ってください。

そして、すこしでもヌーソロジーに興味を持たれた方は、ぜひヌーソロジーを勉強してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました