ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

宇宙と性愛の記事一覧

宇宙と性愛の記事一覧宇宙と性愛

コスモ・ライフォロジーでは、宇宙的男女がまぐわい、至福のオーガズムを体感している瞬間に、私たち人類の13,000年の時空が展開していると考えます。

至福のオーガズムを体感できる<まぐわい>を一つの宇宙論ととらえ、男女の理想的なコミュニケーション法を探っていきます

コスモ・ライフォロジー

NO!脱よろい論!ホストに学ぶ新しい男性性(自我意識)のあり方

ホストという職業は自我意識を客観的に考察するためにとても参考になる職業です。毛嫌いされがちな自我意識ですが、本来はホストのように自分を演じ、周囲を楽しませるのがあるべき姿かもしれません。それは多様性ある自我意識。男性性の新しいあり方をホストから学びます!
コスモ・ライフォロジー

NO!脱よろい論!本当の男性性とは…?

昨今、男性性という「よろい」は脱ぐべきだという考えが広がっていますが、男性性とは本当に必要ないものなのでしょうか?脱よろい論は、男性を犠牲者化するだけに終わってしまうのではないだろうか?本当の男性性とは何か、書籍「男らしさの快楽~ポピュラー文化からみたその実態~」を参考に、真の男性性について迫ってみたいと思います。
コスモ・ライフォロジー

女性言語の課題と克服法~言葉を味方につけ、自己をしっかり主張する~

女性言語には課題がたくさんあります。「思いを感じ取ってほしい」と思うのが女性ですが、言葉を味方につけることで自己をしっかり主張することができ、自分に対する誤解を減らすこともできます。今回は、女性言語の課題とその克服法についてご紹介します。
スポンサーリンク
コスモ・ライフォロジー

女性言語の特徴②~つねに相手の感情を疑う姿勢~

どんな動物の世界でもだましの行為はあり、セックスという戦場でだましの戦略を用いるのは人類も例外ではありません。進化の過程で女性は多くの犠牲を払ってきました。そして相手のウソを見分ける方法を身につけました。今回は進化心理学の観点から、女性言語の特徴に迫ってみたいと思います。
コスモ・ライフォロジー

女性言語の特徴①~関係性を重視する~

昔から女性は性的抑圧だけでなく、同時に言葉も奪われてきました。現在も多くの男性に「女性の言葉はわからない」と言われています。男性と女性とではどのように言葉のとらえ方や使い方が違っているのか、書籍「関係する女 所有する男」(斎藤環著)を参考に見ていきたいと思います。
コスモ・ライフォロジー

【未来予測】かつての日本は双系的社会だった~後編~

古代日本の姿を知ることで、未来予測をしようという試み後編。古代の日本人は女性に霊的な力があるのではなく、男女の性的結合にこそ霊的な力が宿ると考えていました。女性の神格化の裏には男性優位の考えが潜んでいます。古代日本の双系的社会は、これからの社会を予測する上で、とても重要な視点を教えてくれます。
コスモ・ライフォロジー

【未来予測】かつての日本は双系的社会だった~前編~

シュタイナーいわく、時間は一直線に流れるのではなく、未来は過去と対応していくと言います。これからはじまる宇宙的女の世界はどのような世界になるのか?それを知るために、意識をグーッと過去に戻し、古代日本の姿から未来予測をしてみたいと思います。
コスモ・ライフォロジー

【自己否定の快楽(メリット)】~自我意識(男性性)と無意識(女性性)の歪んだ依存関係~

自己否定は良くないことだとわかっているのに、なぜ人は自己否定をやめられないのでしょうか?意識構造における自我意識(男性性)と無意識(女性性)の依存が関係していて、そこに快楽が発生しているからだと考えます。意識における快楽とは何か?詳しく解説していきます。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】女性(性)は他者を必要とする~自立する男性(性)と相互依存する女性(性)~

最近の研究で、女性に第三のセックスの中枢があることがMRIの研究によって発見されました。その実験が示すことは、「ヴァギナと子宮口は進化的に他者を必要とするようにできている」ということ。これは自己としての自立の概念を、大きく根底からくつがえすものになりそうです。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】トラウマの解放について~膣マッサージ~

多くの医師が、性的暴行を受けた女性はヴァギナの筋肉が緊張していると話します。そして膣マッサージは女性のトラウマ解放につながるとのこと。今回はタントラの導師マイク・ウラセイダを参考に、膣マッサージによってどのように女性のトラウマが解放されていくのかお話したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました