ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

TOPページ

コスモ・ライフォロジーへようこそ

コスモ・ライフォロジーは、ヌーソロジーという宇宙論をベースに考案した思想です。

宇宙は双子の命で脈動し、宇宙のすべてが「男性性♂」と「女性性♀」のミックスツイン構造で成り立っていることから、心の構造や人間関係(とくに男女関係)も宇宙と同じ構造で捉えることができると考えています。

この構造を元にして、宇宙的な視点で、人生のあらゆる諸問題を解決していこうとするのが、コスモ・ライフォロジーです。

当サイトは、下記テーマを中心に情報発信している、『宇宙人生論』としての思想です。

  • 心理学に関する基礎知識
  • 心の問題を解決するための実践方法
  • コスモ・ライフォロジーの宇宙論
  • 宇宙論を人生論に落とし込んだ、新しい人生の捉え方の提案
  • 男女がともに幸せに生きるための、宇宙的な「性」の話

新着記事

古事記☆新解釈【15】高天原は地下にある!?~大地を愛した古代日本人/古代日本に星神信仰はない~
これまで高天原は天空にあると思われてきましたが、じつは地下にあった!?古代日本人が大地を信仰していた背景を通して、高天原の真の場所、そして神々と人間との正しい関係性について考察してみました。
古事記☆新解釈【14】カグツチ被殺⑤~火の鳥は水を求めて切なく鳴く~
火の神カグツチの遺体に成った山津見神たちを読み解いていったら、火の鳥とアカショウビンが浮上!そして火の鳥から切なく水を求める鳴き声が聞こえてきた。火の鳥がなぜ水を求めるのかを考察してみました。
古事記☆新解釈【13】カグツチ被殺④~古事記は世界最古の生物学書説~
殺されたカグツチの遺体に成った山の神々。この神々を紐解いていくと、『古事記』が物語の構造をとおして壮大な生命誕生の化学を語っていたことがわかった!現代科学がようやく追いついた真実を『古事記』は千年以上も前から知っていた!
古事記☆新解釈【12】カグツチ被殺③~タケミカヅチは刀の神様じゃない説~
タケミカヅチは一般的に刀の神様だと言われていますが、本当のそうでしょうか?雷について考察してみたら、タケミカヅチの本当の姿が見えてきた!そして国譲りの際、なぜ彼が刀の切っ先に座ったのか、その理由も見えてきた!
古事記☆新解釈【11】カグツチ被殺②~たたらを踏む女性たちとカグツチとの深い繋がり~
イザナミを死に追いやったカグツチをイザナキは斬り殺した。この恐ろしいシーンに、じつはたたら製鉄そして刀剣製作を通してあることが象徴的に描いている!?話を深ぼってみるとジブリ作品『もののけ姫』にも関係していることが見えてきた!
古事記☆新解釈【10】カグツチ被殺①~イザナキの怒りが大地の噴火と怪物(ヤマタノオロチ&メデューサ)を生み出した!~
とうとうイザナキはイザナミを死に追いやった火の神カグツチを斬り殺してしまった!カグツチの血から生じた神々が象徴するのは大地の噴火!?血そしてイザナキの怒りから神々を恐怖に陥れる怪物も誕生!

今日の記事ランキング

津留晃一さん式M2テクニックのやり方
強い感情の動きを感じて、相手に暴言を吐きたくなったり、体にためこんだ強い怒りを外に出したいときは、津留晃一さんのM2テクニックがオススメ!津留晃一さん式M2テクニックのやり方を詳しくご紹介します。
【チベット密教】なぜ性的ヨーガが必要なのか?
チベット密教における悟りには、性的ヨーガが欠かせません。さらにそれには女性パートナーの存在が必須です。なぜ悟りを達成するために性的ヨーガが必要なのか、その女性パートナーとはどういう存在なのかについて、詳しく解説します。
【愛着障害】回避型、不安型、恐れ・回避型の共通点
大人の愛着スタイルは四つあり、そのなかで「回避型」「不安型」「恐れ・回避型」の三つのスタイルにおいて、共通する傾向があります。今回は、その共通点のなかから代表的なものをピックアップしてご紹介します。
top_07-2

コスモ・ライフォロジーの記事

Youtube
古事記☆新解釈【15】高天原は地下にある!?~大地を愛した古代日本人/古代日本に星神信仰はない~
これまで高天原は天空にあると思われてきましたが、じつは地下にあった!?古代日本人が大地を信仰していた背景を通して、高天原の真の場所、そして神々と人間との正しい関係性について考察してみました。
古事記☆新解釈【14】カグツチ被殺⑤~火の鳥は水を求めて切なく鳴く~
火の神カグツチの遺体に成った山津見神たちを読み解いていったら、火の鳥とアカショウビンが浮上!そして火の鳥から切なく水を求める鳴き声が聞こえてきた。火の鳥がなぜ水を求めるのかを考察してみました。
古事記☆新解釈【13】カグツチ被殺④~古事記は世界最古の生物学書説~
殺されたカグツチの遺体に成った山の神々。この神々を紐解いていくと、『古事記』が物語の構造をとおして壮大な生命誕生の化学を語っていたことがわかった!現代科学がようやく追いついた真実を『古事記』は千年以上も前から知っていた!
top_08

心理学関連の記事

message1200
タイトルとURLをコピーしました