ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

小さな不快はイメージ文字でパックンチョ

エネルギー浄化
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、小さな不快への対処法をお話します。

エネルギー浄化についてご紹介中ですが…

何も、大きな感情が動いたときにやるだけが、エネルギー浄化ではありません。

日々の小さな不快の積み重ねが、のちのち大きな感情エネルギーになるのです。

なので、その不快な感情を小出しにして、ため込まない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

エネルギーは即物質化させる

エネルギーとは、気づかないまま発しつづけていると、物質化し、現象を伴って自分に返ってきます。

であるならば、簡単にいえば、エネルギーは…

即物質化させてしまえば現象化しない

ということでもあると考えます。

通常であれば、物質は「個体」をイメージするかと思いますが、私は個人的に…

  • イメージ
  • 言葉
  • デザイン

なども、エネルギーが物質化したものだと思っています。

なので今日はその中で、「イメージ」をテーマにお話したいと思います。

やり方

私の実例でお話するとわかりやすいと思うので、実体験ベースでお話します。

私は電話が苦手です…。

業務でも、プライベートでも、「電話をする」「電話を受ける」という、電話に関する一連の行為が大の苦手です。

ですが、それだと仕事にならないので、とある方法でその不快を解消していました。

それは…

不快な気持ちをイメージ文字化する

というものです。

実例にそってお話すると…

業務中、上司から「◯◯さんに連絡取って」と言われました。

そのとき私は、とてつもない不快感を感じます(笑)反射的に嫌なんですよね、きっと。

でも、指示に従わなければならないので、そのときこう対処していました。

心の声で不快な気持ちを大量に吐く

声に出さずに、不快な気持ちをこれでもかっ!!というくらい吐きだします。

吐きだしたイメージ文字を見る

吐きだして、山積みになった(であろう)イメージ文字をじっと見ます。

このとき、山積みになった(であろう)イメージ文字見て、「すごい嫌がってるなぁ」と客観的に見てください。

イメージ文字をパックンチョ

山積みになった(であろう)イメージ文字を、一気にパクっと食べてしまいます!

一呼吸おいて業務に戻る

一呼吸して、気持ちを落ち着かせます。

その後、ニュートラルな気持ちで業務にのぞむことができました。

まとめ

と、こんな感じなんですが、いかがでしょうか?

心の声はエネルギーの状態なので、それを一旦物質化させるために、イメージ文字化させるんです。

そして、イメージ文字化をそのまま放置せず、最後に自分が受け取るというのが肝心です。

よくスピリチュアルの世界でも、「自分が与えるものが、自分が受け取るもの」と言われますよね。

その一連の流れを、自分で行ってしまうんです。

日頃から、不快に感じて出る心の声はいっぱいあると思います。

  • 嫌だ
  • やりたくない
  • 気持ち悪い
  • うるさいetc…

その気持ちをそのまま発しつづけていると、現象化を伴って自分に戻ってきてしまうので、その心の声が出ていることに気づいたら、

即イメージ文字化&パックンチョ

してください(^o^)

実際、この不快な声は、エゴの声だったりもします。

なので、出たイメージ文字を客観的に見て、エゴと本来の自分を離すというのがポイントです。

日頃から、不快な気持ちを小出しにして、ニュートラルな毎日をお過ごしください。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました