ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

制限なく何でも美味しく食べればいいのです

固定観念の書き換え
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、食事についてのお話です。

スポンサーリンク

食事に関する個人的な疑問

今日は食事に関しての個人的な疑問についてお話します。

飽食の時代といわれる現代。

「1日3食しっかり食べなさい」と言われた時代から、

  • 三食でも食べ過ぎ
  • 腹八分目
  • 粗食の方が長生きする
  • 一食でも良い

という、新たな流れができています。

たしかに実体験として、三食しっかり食べると、次の日胃が重いなぁ…という感覚はありました。

「しっかり朝ごはんを食べましょう!」に習って、これまでずっと朝ごはんは欠かしませんでした。

ですが、体のサイクルとして午前中は「排泄の時間」だそうで、そのため排泄に専念したいなぁと思ったんです。

トイレにこもるとかそういう話じゃないですよ(((( ;°Д°))))(笑)

腸に頑張ってもらいたい、というお話です!

 

なので我が家では、朝食は「お味噌汁のみ」となっています。

これを数ヶ月続けてみて、体がラクなので「私たち夫婦に合ってるね」ということで、今も続けています。

たしかに午前中お腹は空きますが、空腹は悪いことではないし、何より体のサイクルを重視したいなと思ってるので、つらくはありません。

結果的に我が家は、一日二食みたいな生活をしています。

(朝:お味噌汁、昼夜:普通に食べる)

食べる回数に関しては、自分の体と相談していけばいいと思っています。

現代の食べ物に対する警告に思うこと

私が食事に関して思っている疑問は、別のところにあります。

それは…

現代の食べ物はほとんど体に悪いものばかりだ

という点です。

食品添加物や農薬、海産物や野菜、そしてその種まで。

「安全な食べ物はないから、なるべくオーガニックな物を食べましょう」とよく言われていますよね。

そうだ!そうだ!と私は強く賛同したいわけではありません。

むしろその逆です。

natan
natan

食べれるもの、何もないじゃん!!

「安全な食べ物はない」という考え方は、「外側の世界に振り回され過ぎてない?」と私は思うのです。

「安全な食べ物はない」という考え方は、間違っているわけではありません。

ですが私にとっては、「食べられるの、何もないじゃん」という思いから、その考え方は受け入れていません。

だから、私は何でも食べます!

オーガニック野菜も好んで買いますが、だからといって、普通に売られている野菜だってパクパク食べます。

美味しいもの。

 

私は何度もこのサイトで、「自分の立ち位置」についてお話しています。

(体に悪いとわかっているけど)食べないといけない
(体に悪いとわかっているけど)食べたい
(体に悪いとわかっているけど)スーパーで安い野菜を買ってしまう

これ、どういう状態かおわかりですか?

パラドックスですよ、パラドックス。

単純に「食べたい」と思って食べればいいのに、心では「体に悪いとわかっているけど」という固定観念があるので、結果、体に反応が出てきます。

「体に悪い」という思い込み

だからね、そう思わず、思いっきり楽しんで食べればいいと思うんです。

私だって食べるとき、ふと罪悪感が湧くときがあります。

「これ、体にとって悪いやつかも」って。

そんなときは、自分だけの「魔法の言葉」を言って、その食べ物に対する固定観念を消してから食べています。

natan
natan

あなたは私にとって害のある食べ物ではありません。
私の血となり肉となり、私を健やかに保ってくれる、そんな食材です。
あなたを美味しくいただきます。
ありがとう。

 

 

 

って言いながら、かっぱえびせん食べてますけど、何か?( ー`дー´)キリッ

とまぁ、こんな感じで楽しく食べられたら気分いいじゃないですか(*´∀`*)(笑)

私みたいに長い言葉言わなくても「栄養満点、満点♪」って思いながら食べると罪悪感なくなりますよ。

結論

私たちはこの世界を、制限だらけで生きるために生まれてきたわけではないんです。

そんなわけで、罪悪感持ちながら食べるのをやめましょう!

食べたい物は食べる!

もしそれで体に反応出てきたら、それは自分の体に合っていないという確かな証拠なので、その時点で食べるのをやめればいいと思います。

外側の世界が言っていることを、すべて鵜呑みにしないこと。

自分が世界の中心なのだから。

自分の気持に素直になること。

そして食べたいものを食べること。

あとは自分の体が合う合わないを教えてくれます。

それで決めていけばいいと思うのです。

まとめ

海外には面白い話があって、106歳になるおばあちゃんは一日三回、ドクターペッパーを飲み続けていて、それが長生きの秘訣だそうです。

ですがお医者さんたちはドクターペッパーを飲むのをやめるよう促したそうなんですが、「そのお医者さんたちは私より先に全員死んだわ!」という話があるんです(笑)

106歳のお婆ちゃんが“不健康すぎる”長生きの秘訣を暴露!「1日3本ドクターペッパー」「飲むなと忠告した医者は皆死んだ」 (2017年9月10日) - エキサイトニュース
日本も超高齢化社会となり、100歳を超える人は珍しくなくなった。彼らに「長生きの秘訣」を尋ねれば、早寝早起き、野菜たっぷりの食事、よく笑うことなど、穏やかなスローライフが語られることが多い。しかし、海...

この話を聞くと、ホント何が正しくて何が間違っているかわからないですよね。

つまり、自分が好きなものは食べても害にならない、ということだと思ってます。

私たちは「体験」をするためにこの世界にやってきています。

長生きするために制限するのは本末転倒だと思ってます。

なので、好きな物を食べ、体の声を聞き、気づいたら少食になっていた、オーガニック食材を好んで食べていた、という方向へ進むのが自然な流れだと思います。

外側に合わせるのではなく、内側に目を向ける。

なんでもギュってして、「カロリーゼロ!」とサンドウィッチマンの伊達ちゃんみたいに、楽しく食べましょう\(^o^)/

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました