ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

女の子あるあるな固定観念の書き換え

固定観念の書き換え
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、女の子あるあるな固定観念の書き換えの実例をご紹介します。

以前勤めていた会社で、「社内研修で◯◯を見学する」というものがありました。

研修を企画した担当から、「当日は車を乗り合わせて、見学場所まで来てください」と指示がありました。

その研修が終わるのは、お昼の12時。

私は親しい子に、こう聞きました。

natan
natan

そのあと昼食どうする?

私たち、ランチに行きます。

ランチに行くメンバーは、同じ車に乗り合わせて、見学場所へ向かうようでした。

そして研修が終わったら、そのままランチへGO。

ここで私のエゴが騒ぎました。

エゴ
エゴ

えー!なんで誘ってくれないの?
仲間外れだよぉ!

ね、女の子あるあるでしょ(笑)

このときの、私の固定観念の書き換えの実例をご紹介します。

スポンサーリンク

固定観念の書き換え事例①

そして、こうなったら固定観念を書き換える絶好のチャンスなんです!!

突然きた書き換えタイムは逃しませんよ!

私はエゴが発する言葉に耳を傾け、「うん。うん。の義」で対応しました。

エゴを鎮める最強技のご紹介
エゴにのみ込まれると、冷静な判断ができなくなります。そんなときにオススメの、エゴを鎮める最強裏技をご紹介します。
エゴ
エゴ

なんで誘ってくれないの?

natan
natan

うん。うん。

エゴ
エゴ

仲間外れじゃん!

natan
natan

うん。うん。(肯定してるわけではなく、そう感じてるんだねの意味を込めて)

エゴ
エゴ

最初からランチ込みで車乗り合わせってズルい!!

natan
natan

うん。うん。

どんどん出てくるエゴの声に寄り添います。

でも、このとき頭を働かせないのがポイント。

頭を働かせるとエゴと一体化してしまうので、あくまでも客観視しながら寄り添います。

しばらくするとエゴも言いつくして、何も出てこなくなります。

natan
natan

もう言いたいことない?

エゴ
エゴ

…。(ない)

ここまで約5分くらい。

デスクのパソコンとにらめっこしながら、黙々と浄化してたみたいです(笑)

端から見ると怖いですよね(・・;)

すると、ふと降りてきました。

仲間外れにされて、感情が暴れたのは、「女の子はグループを作るもの」という固定観念を私は持っていると分かったんです。

私はもともと、大切な友達が一人か二人いればいいと思っているタイプです。

ですが、少ない友達でさえ「女の子はグループを作るもの」という、女子らしい固定観念を持っていると気づきました。

その固定観念が原因で、「外された」という悲しみが怒りになっていました。

natan
natan

これだぁ!
この固定観念があるから私怒ったんだ!

固定観念を見つけられるとすごく爽快!

早速、固定観念を書き換えます。

「女の子はグループを作ってもいいし、作らなくてもいい。」

私はそう書き換えました。

「作ってもいいし、作らなくてもいい。」

このニュートラルな位置に持っていけば、今後どっちの現象を目撃しても、心は騒がないと思ったんです。

固定観念の書き換えが終わったあと、そのランチへ行くメンバーが何やら楽しそうに話をしている光景を目撃しました。

すると、すぐフッと「固定観念!」という言葉が湧いてきました。

これは「女の子はグループを作ってもいいし、作らなくてもいい。」を省略して「固定観念!」と降ってきたんです(笑)

natan
natan

お~そうか、いいんだ、いいんだ。
グループ作ってもいいし、作らなくてもいいんだ♪

そう思えたら、その楽しそうな光景も、普通の気持ちで見ることができました。

不思議ですよね。

固定観念見つけて書き換えるだけで、心がニュートラルになるなんて。

固定観念の書き換え事例②

でも、さらに。

ここでエゴちゃんが急に、別のことにも照準を合わせてきたんです。

エゴ
エゴ

なんで親しい子は私を誘わないの?

natan
natan

まだあるんかい…。

仕方ない、またやるか。

またエゴの声に寄り添い、うん。うん。の義で対応しました。

そして、エゴが言いつくしたところで、固定観念が上がってきました。

「親しい人はいつも誘わなければいけない。」

あ~、そうね!

今回は誘われなくて怒ってるけど、私もたまにやってるかも…と思いました。

なので早速書き換えを行いました。

「親しい人は誘ってもいいし、誘わなくてもいい。」

これでスーッと心が楽になりました。

まとめ

今回書き換えた固定観念ですが、その後、ものすごく効力を発揮してくれています!

もともと自尊心が低くて、ネガティブだった頃に根づいた固定観念だったので、今思うと「なんでこんなことで凹んでいたんだろう?」と思えるようになりました。

とくに女の子のグループに関しては、大人になった今でも社内でありますよね?

それをニュートラルに見れるって、本当に気持ちがラクです。

感情は突然発生するので、タイミングを見計らってぜひ固定観念を書き換えてみてください。

ただし!

オフィス内で険しい顔をして行わないように!!(笑)

そこだけ気をつけてくださいませ(´∀`)

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました