ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

行動の断捨離☆やるべきことなど何もない

気づき&体験談
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、行動の断捨離に関するお話です。

スポンサーリンク

何もできない自分に焦る

この間、フォローさせていただいている方のブログにお邪魔したときのこと。

やりたいことを、ちゃんとやれない自分がいる。
何かやらなきゃと焦ってしまう。

という記事を拝見しました。

natan
natan

あ~、すごいよくわかる…。

私もいつもやってます。

「やりたいこと全部やってます!」という方の姿を目撃すると「いいな~♪私もそうなろう!」と決心するんですが、意外とできない自分がいる。

私なんて、会社辞めたらやりたいことリストまで作っていたんですが、リストの半分はいまだ手つかずのまま(笑)(記事執筆2019年2月当時)

はじめは、いまだ行動に移さない自分をよく思っていませんでした。

みなさんも私と一緒で、たぶんここで自己嫌悪を感じていると思います。

津留晃一さんの教え

そんなとき、津留晃一さんの言葉で、私はハッとさせられました。

「何かしなければならないことがある」と考えただけで、人はその自分の考えから束縛を受け始めることになります。
「ねばならない」ことはあなたを縛ります。
あなたを不自由にしているのは、この「ねばならない」という考え方です。
あなたにしなければならないことなどなにもありません。
元々神そのものであるあなたに何かしなければならないことなどあろうはずがありません。
神は、したいからするのであり、しなければならないからするのではないはずです。

津留晃一メッセージ集「神のシナリオ」より

「あなたにしなければならないことなどなにもありません。」という言葉。

私たちは当たり前に、やりたいことをやるのは自分らしく生きている証だと思っていて、今の自分より華やかな自分に憧れを持ちます。

でも、そのときがくるとできない自分がいて、さらに憧れた日々が遠のいていくように感じます。

たしかに津留さんのおっしゃる通り、

できない自分 → 遠のく未来 → やらなきゃいけない!

こうやって、やりたいことがいつの間にか「やらなきゃいけないこと」に変わり、義務感を持つようになったと気づいたんです。

ポジティブな気持ちが、逆に自分を苦しめているとは…。

なので、私はやりたいことをやれない自分を責めるのをやめました。

私の実践例

そして、今度は下記の三つを徹底するようにしました。

「やるべきことなど何もない」と自分に言う

私は家事が好きな方なんですが、それでも知らず知らずのうちに、家事に義務感を感じていたようです。

だから「あ~これやらなきゃ」という思考が湧いてきたら、すかさず…

natan
natan

OK!OK!あなたにはやるべきことなんて何もないんだよ。

と自分に言うようにしました。

すると心が落ち着くんです。

「これやらなきゃ!」と言っているのが、自分のエゴだと気づきます。

そのエゴが落ち着くと、今度は本当の自分が動きはじめるんです。

やった方が良いときは行動しようと思うし、やらなくてもいいときは行動しようと思わない。

もうそこには自己否定もなく、ただありのままに行動を選択している自分がいるんです。

なので、義務感を少しでも感じたら

natan
natan

私にはやるべきことなんて何もない。

と言うようにしています。

やりたいことは、やりたいと思ったときにやる

人間は宇宙と一緒で、移りゆく存在です。

「あのときはやろうと心に決めたけど、今はその気持が湧いてこない。(もしくは以前より気持ちが弱くなっている)」、それが自然の摂理だと思うのです。

だから、やりたいことも、やりたいと思ったときにやるのが自然に即している!

物事は、やりたいと思ったときにやると、もっと楽しいし。

だから私はやりたいと思う気持ちが湧いてくるまでのんびりしています。(そしてやらない(笑))

一日の行動を少なくする

私は会社勤めをしているとき、一日の中でどれだけやりたいことをやれるか、それを頑張っていた時期がありました。

嫌な仕事をしているからこそ、逆に自分時間を楽しもうと考えていました。

その生活に慣れてしまっていたため、それが当たり前となり「やりたいことをやらなきゃ!」という義務感に繋がっていることに気づきました。

それが原因で、せっかく会社を辞めたのにず~っと心は「何かしなきゃ!何かしなきゃ!」と焦り、落ち着かなかったんです。

なので、

natan
natan

少しずつ思考を変えていくべきだな。

と思い、あることをはじめました。

それが、一日の行動を少なくする訓練です。

すごく些細なことからはじめました。

  • 食べながらスマホを見ない
  • ながら動作をしない
  • 一つの作業に集中する
  • パソコンに向かう時間を決める
  • 何もしない日を作るetc

やりはじめた当初は、結構難しくて、心がムズムズ、ソワソワしました。

でも慣れてくると、やっていない自分を責めるという考えすら浮かばなくなり、逆に「昔はよくあんなに動いてたな~」と思うようになりました。

そう、もともと自分はやることを「詰め込みすぎてた」と知ることができました。

なので、今は以前より何もしない時間が増え、その時間の方に心地よさを感じるようになりました。

まとめ

スピリチュアルや精神世界などを勉強しつつ、自分の実体験も当てはめながら勉強していくと、自分の本質(魂)は、自分が思った以上に「やるべきことは何もない」というスタンスなんだなと知りました。

何かしようと頑張っているのは、自我の方なんですよね。

やるべきことは何もないという考えを取り入れてから、本当にやりたい!と思ったときの心の動きや変化を、より顕著に感じ取れるようになりました。

それが、本当に自分が進むべき道だと気づきました。

なのでやりたいことを義務にせず、逆に日々をのんびり過ごす方が、本当の自分の心の声が聞こえやすくなると思いました。

みなさんも、やりたいことを上手くやれない自分を責めず、逆にのんびりする時間を大切にしてください。

魂ってもともとのんびり屋さんだから♪

それでいいのだ(^^)

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました