ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

書籍「ヴァギナ」

コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】女性(性)は他者を必要とする~自立する男性(性)と相互依存する女性(性)~

最近の研究で、女性に第三のセックスの中枢があることがMRIの研究によって発見されました。その実験が示すことは、「ヴァギナと子宮口は進化的に他者を必要とするようにできている」ということ。これは自己としての自立の概念を、大きく根底からくつがえすものになりそうです。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】トラウマの解放について~膣マッサージ~

多くの医師が、性的暴行を受けた女性はヴァギナの筋肉が緊張していると話します。そして膣マッサージは女性のトラウマ解放につながるとのこと。今回はタントラの導師マイク・ウラセイダを参考に、膣マッサージによってどのように女性のトラウマが解放されていくのかお話したいと思います。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】性的暴力が女性から奪うもの~自分の足で立つ力、ヒステリー症状、慢性病の原因~

女性は一度でも性的暴力をふるわれると、それが一見無関係な慢性病の原因になってしまうこともあります。暴力は女性の一生を奪います。どのような症状が出るのか、そして心理学者フロイトの分析によってわかったことなどご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】女性のリビドー低下が起こっている

昨今、女性のリビドーが低下しているといわれており、社会学者の間でも、若者の性愛離れが進んでいるといわれています。どれほど女性のリビドーが低下しているのか、欧米の数値ではありますがご紹介したいと思います。
コスモ・ライフォロジー

男性性は鍛錬が必要①~女性性は適度なコントロールが必要~

道教の教えでは「女性の性的な激しさは男性よりも強いので、そういう生来の不調和を調和させるために、男性の鍛錬が必要」といわれます。これは女性性の特徴でもあり、無意識と自我意識の関係性にも同じことがいえます。これまでお話してきたセックスにおけるオーガズム体験を、今度はライフォロジー(人生論)に落とし込んで、意識における男性性の役割について考察していきたいと思います。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】オーガズムと恍惚状態について

女性がセックスにおいて、オーガズムの極限を体験すると訪れる恍惚状態。最近の研究で、オーガズム時に女性の脳内で爆発的な変化が起こることが発見されました。女性がオーガズムを感じた後に体験することは、快楽だけではない、スピリチュアルな体験も含まれるようです。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】脳内物質ドーパミン、オピオイド、オキシトシンについて

セックスにおいて放出される究極のフェミニスト物質、ドーパミン、オピオイド、オキシトシンをご紹介します。女性がセックスによって至福を感じる理由は、この脳内物質の影響によるものです。
コスモ・ライフォロジー

自律神経系から見る他者性(女性性)の特徴

女性器に直結している自律神経系には他者性が現れている。そして自己にとって自律神経系の活性化に必要な行為は、他者が心を開いてくれるための重要な作法を教えてくれています。どういう作法が必要か、解説していきます。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】自律神経⑧女性(性)が悦ぶ行為3つご紹介

女性(性)が求めることは、「安心感」「信頼感」「存在の肯定」。これがあってはじめて女性性は花開きます。自律神経系に影響を与え、女性(性)が悦ぶ行為について簡単にまとめたものを、厳選して3つご紹介します。
コスモ・ライフォロジー

【ヴァギナ】自律神経⑦神経網と脳のつながりについて

女性の複雑な神経網は、男性のそれとは大きく異なります。女性の神経網は精巧でかつパワフル。その働きによってセクシュアリティがダイレクトに女性の人格そのものに関わってきます。女性にとって、セックスはただの性欲を解消するための行為ではなく、自分自身を幸せに導くために欠かせない行為です。
タイトルとURLをコピーしました