ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

感謝はかならずしも今すぐできなくていい

気づき&体験談
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、私流の感謝のとらえ方についてのお話です。

スポンサーリンク

感謝できないときだってある

感謝は感情面からお話すると、最も高い周波数を持っていると私は思っています。

「ありがとう、愛してます」の言葉同様、心から感謝することで、のちに自分自身に返ってくる。

スピリチュアルだけでなく、自己啓発やその他ジャンルでも「感謝は大切」と学びます。

あらゆるものに感謝して、生活していけたらとても素晴らしいと思います。

ですが、この「感謝」は結構クセモノで…。

だって私たちは人間です。

natan
natan

感謝できないときだってある!

  • 会社でいつも意見がぶつかるあの人
  • トラブルばかり起こす人たち
  • 社員を駒としか思っていない経営者
  • 悪口やいじめ
  • 育ってきた家庭環境etc

例をあげたらキリがないくらい、感謝できない過去の出来事はたくさんあります。

ずっと、平和で幸せな毎日を送ってきた人は、誰一人としていないはずです。

苦しくてつらい日々を送るなかで、私と同じように宇宙の法則や引き寄せの法則に出会い、希望の光を見つけた方も大勢いらっしゃると思います。

しかしやっぱりここでも、過去の出来事も含め、今目の前に広がっている現実は自分の意識(宇宙)が創造したものだから「感謝しなさい」と教わります。

全力で感謝を拒んだ日々

私、この世界に入ったばかりのころ、こう思いました。

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

natan
natan

そんなキレイごと言われてもできないよ!
だってどん底に落ちるくらい、つらい思いしたんだから!
私は本当に苦しかったんだから!!!

この気持ち、ご理解いただけますかね?

さすがに無理ですよ。

無理やり感謝しようとすると、私のインナーチャイルドが泣いてしまうのです。

インナーチャイルド
インナーチャイルド

私、つらかったんだから~!!

私は、インナーチャイルドを慰める方を優先します。

だから感謝なんて一切しませんでした。

本音とインナーチャイルドの関係について
固定観念が根づいた理由は、インナーチャイルドの過去の記憶が関係しています。インナーチャイルドとは一体どういう存在なのか?インナーチャイルドを知ることで、ようやく自分の本音が見えてきます。

なので、しばらくの間、感謝に対して拒否反応を起こしていました。

他人はあなたに何かを教えるために現れています。
だから嫌な人が目の前にいるなら、それはあなたの固定観念が作りだした幻影です。
何かを教えてくれる、その人に感謝をしましょう。

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

人生のシナリオは、あなたが生まれる前に、あなた自身で作ったものです。
目の前で起こっていることは、あなたの魂を成長させるために必要なステップなのです。
目の前の現実に感謝をして、さらなる高みを目指しましょう。

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

目の前の現実は…

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

嫌なあの人は…

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

だから…

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

その…

natan
natan

ヾノ>д<。) ムリムリムリムリ!!!!

まったく聞く耳持たず!!!(笑)

他人に感謝するくらいなら、自分を癒やすべし!

これが私の格言でもあります!

感謝は今すぐできなくてもいい

だから私は自分を見つめて、自分を癒し、自分が嫌がることをやめました。

そのなかでエネルギー浄化に出会い、自分の心もクリーンにしていきました。

他人に振り回されたくないので、自分のためにエネルギー浄化を行いました。

すると時間の経過とともに、自分が癒やされることで、他人に対しても少しずつ目がいくようになりました。

小さな感謝も感じるようになりました。

ようやく一般的な人間に戻った、そんな感じになりました。

小さな感謝を感じるなかで、

natan
natan

なぜ◯◯に対して感謝できないのかな?

と、冷静になって考えるようになりました。

そして、ある日ふと思ったんです。

natan
natan

あぁ…そうか。
感謝はかならずしも「今、この瞬間」にしなくてもいいんだ。

ちょっとお話逸れるんですが…

私は母親との関係から、この世界に足を踏みいれました。

そして、私の経験をベースにして、同じことで悩んでいる人たちを救いたいと思いました。

その思いに至るまで約一年かかりました。

そのきっかけを与えてくれたのは、紛れもなく母親です。

ですが、反面教師ともいえる母親を、心から感謝できているかと言われれば、「できていない」と答えます。

未だに母親の前で、心から笑顔を見せることはできないし。

感謝すべき対象なのに、感謝できないんです。(記事執筆2018年11月当時)

これ、正直な気持ちです。

ですが、私にとって必要なきっかけは与えてもらったと思っています。

だから、「母親との関係は私にとって意味のあることだった」、そう思えるようになったんです。

出来事の存在意義を認める

この気づきから、感謝ができないのであれば、

出来事の「存在意義」を認める

これが、感謝の第一ステップとして重要じゃないかなと思いました。

のちのち過去をふり返ったとき、その出来事に感謝できればいいと思うんです。

あのとき、あの出来事があったから、私はここまで来れたんだ!って。

それは数年後かもしれないし、数十年後かもしれない、もしかしたら死ぬ瞬間かもしれない。

でも、それでいいと思うんです。

存在意義さえ認めていれば、心は少し楽になります。

感謝できない~、そんな私ってダメなヤツ。

と嘆くのではなく…

全然この出来事には感謝できないけどっ!
でもきっとこれは何か未来に繋がることなんでしょうね!
とりあえず頭の片隅にだけは置いといてあげるわっ!

と逆ギレ気味でもいいので(笑)、その出来事の存在意義を認めてあげれば、かならずいつの日かその答えがやってくると思うのです。

頭の片隅に入れながら怒り狂ったらダメですよ。
自己否定をしないでねという意味です。

とりあえず頭の片隅に!

これオススメですよ(^^)

つらく悲しい思いを、無理やり我慢して、今感謝しなくて大丈夫です。

感謝できないからといって、悪いことは起こりません。

感謝できていない、頭の片隅に今も置いてる私が、幸せに暮らせているのだから間違いありません(笑)

まとめ

「感謝」は、人生のなかで「もっとも素敵」で「もっとも難しいもの」だと私は思っています。

たぶん、私たちは一生をかけて、これを学んでいくんだと思うんです。

だから、「今できなくても当たり前」というように、開き直ることも大切だと思います。

natan
natan

若輩者でスンマソン☆(・ω<)テヘペロ

くらいに、感謝も気楽にいきましょう(笑)

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました