ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

固定観念は無理やり探さないこと

固定観念の書き換え
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、固定観念を書き換える際の注意事項についてのお話です。

スポンサーリンク

固定観念書き換えの注意事項

固定観念の書き換えには、「自分がどういう固定観念を持っているか」からスタートしますが、ここで注意!

固定観念は、無理やり探さないでください!

なぜなら、これも私の体験談でご紹介。

本音や固定観念を見つけるのが楽しくなった私。

ちょっとした感情の動きにも敏感に反応して、本音や固定観念を探していたんです。

すると、な~んにも出てこないんです。

natan
natan

ん?

固定観念どこ?

何に反応してこの感情が生まれたかわからないじゃない!

どこだ!どこだ!どこだ!?

そして、悶々としながらトイレに入って、自分に質問しました。

natan
natan

なんで出てこないの?

そしたら、ふっと湧きました。

固定観念は無理やり探さないこと。
大きく感情が動いたときに探すこと。
無理やり探してる間は「今、ここ」にいないのと一緒。
natan
natan

そうかぁぁぁ!
無理やり探しちゃダメなんだ!

感情が大きく動いたとき、いわゆるエゴを大量放出できるくらいに大きく動かないと、そりゃ本音も固定観念も見えないよねと。

固定観念探してる最中は確かに「今、ここ」にいないもんなぁ…。

というわけで、固定観念を無理やり探すのをやめました(・_・)

本音や固定観念は、芋づる式にドドドーっと引っ張りあげないとね、上手くいかないわけですよ。

黒マグロを一本釣りするためには、大量のカモメが海面を飛んでいるのを見つけろ!みたいな感じですね。←どういうたとえだ(笑)

まとめ

そんなわけで、みなさんも無理やり探さないでくださいね(笑)

感情が動く出来事は、それなりにストレスかかりますし…。

普段は奇跡の隙間を開けるため、自分の好きなことに没頭してください。

バシャールの言う、「ワクワク」っていうやつです。

ちょっとした感情の変化は、エゴが騒いでると客観視して流してください。

かならずいつの日か、固定観念を引っ張り上げる出来事が起こります。

そのときはネガティブに考えず、これぞ固定観念を書き換えるチャンス!と捉えてください。

固定観念の書き換えは慣れてくると、いちいち本音やインナーチャイルドの記憶まで遡らなくても、サッと書き換えられるようになってきます。

すでに心の中で「書き換えの必要性」を十分理解できているので、深掘りしなくても書き換えできるようになります。

「~であってもいい、~でなくてもいい。」

このニュートラルな言葉で、書き換えをササッと終わらせることができます。

ぜひ実践して、その感覚を掴んでくださいね。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました