ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

新しい時代の自分軸はこれ!二本足の自分軸

feet-718146_1280宇宙構造論
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、コスモ・ライフォロジーが提案する、新しい自分軸の考え方についてお話します。

◎前回のお話はこちら↓

▼ 用語解説はこちらをクリック ▼

スポンサーリンク

前回のお話の復習

まずは前回の復習です。

一般的な自分軸とは、

  • 揺るがない自分だけの軸を持つこと
  • 人や世間の価値観を行動の基準にしない

そして、ここに潜む問題点は、

  • 自己主張が強くなる
  • 他者との関係性が築きにくい
  • 一つの答えに絞れないと悩む
  • 倫理に反する

でした。

この自分軸という言葉の概念は、一意的な理性主義の考え方だと、コスモ・ライフォロジーでは考えています。

ミックスツイン構造の宇宙的男♂の力によって、言葉が概念化されています。

ミックスツイン構造の片割れである、宇宙的女♀の「多様性」という概念が抜けているのです。

この状態では当然ながら宇宙と調和することはなく、他者にも迷惑をかけてしまうことは、火を見るより明らかです。

そこで、コスモ・ライフォロジーから、

自分軸の概念をミックスツイン構造にしよう!

と、提案させていただきます。

二本足の自分軸

自分軸の概念をミックスツイン構造にするのは、とても簡単なことです。

まずは、宇宙的男♂としての概念は、そのまま持ちつづけます。

①揺るがない一本軸を持つこと「一」

そして、ここに、ミックスツイン構造の片割れである宇宙的女♀の概念をプラスします。

②多様性に富んだ柔軟性を持つこと「多」

これで、自分軸の概念がミックスツイン構造になりました。

コスモ・ライフォロジーではこの新しい自分軸の概念を…

二本足の自分軸

と、命名したいと思います。

二本足の自分軸

自立するためには二本の足が必要

自分軸を持つということは、何事も自分で考え、自分で行動するという「自立」の意味も持っていますよね。

子供の成長における最初の自立とは、自分の二本の足で立つことです。

意識における自立も、本当は二本足でないと不安定だと思ったんです。

なので、自分軸の概念も宇宙と同じミックスツイン構造を持たせることで、ようやく正しい自立ができると考えました。

宇宙と調和する正しい自分軸は二本足(男女の双子)

だと、コスモ・ライフォロジーでは考えています。

二本足は自立の象徴です。

二本足

だから、人間の身体は足が二本なのだと思うのです。

身体を支えるだけでなく、

意識の上でも二本足が必要

ということを、私たちの身体は表現していると、コスモ・ライフォロジーでは考えています。

まとめ

二本足の自分軸という新しい概念を提案した次は、具体的にこの概念を自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

その落とし込みに重要なキーとなる存在、それが「無意識(内なる私)」です。

次回はそのことについてお話していきたいと思います。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました