ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

自分軸信仰の問題点について

surfing宇宙構造論
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、スピリチュアルの教えで定番の「自分軸」について、お話したいと思います。

これまで、コスモ・ライフォロジーの構造論の二本柱である、「ミックスツイン構造」「反転構造」について、コスモロジー(宇宙論)をお話してきました。

今日からいよいよ、宇宙と調和するためにどのように取り組んでいけばいいのか、ライフォロジー(人生論)についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

自分軸について

まずはじめに、コスモ・ライフォロジーはヌーソロジー初心者さんや、既存のスピリチュアルに限界を感じた人向けに情報発信をしているので、その方たちに馴染み深いテーマでお話していきたいと思います。

それは…

自分軸

です。スピリチュアル界隈では定番中の定番ですよね。

自分軸を持って、より良く人生を生きていこう!
自分軸を持つことで、宇宙と繋がって願いが叶うよ!

なんて言われているかと思います。

一般的に自分軸という言葉は、下記の意味を持ちます。

  • 揺るがない自分だけの軸を持つこと
  • 人や世間の価値観を行動の基準にしない

現代の自分軸の解釈は、100%これだと思います。

自分軸

スピリチュアル系の本には、かならずといっていいほど、自分軸の大切さが語られていると思います。

それによって引き寄せの法則など、宇宙の力が動きだすからと。

うんうん、私も別にそのことに関して否定するつもりはありません。

ただ、自分軸を強く持ちすぎると、下記のような問題が起こることはお伝えしておかなければいけないと感じています。

自分軸信仰の問題点

自分軸信仰の問題点
  1. 自己主張が強くなる
  2. 他者との関係性を築きにくい
  3. 一つの答えに絞れないと悩む
  4. 倫理に反する

①と②は、すぐおわかりいただけると思います。

③は、変に自分軸を保とうとすると、そうできない場面に遭遇したとき、

私はまだまだ自分軸が弱い…。

と凹んで、自己嫌悪に陥ってしまう場合があるんですよね。

私もよくやったよ、これ(笑)

③に関するお話と対処法は、後日記事にする予定です。

そして問題は④。

ここ最近の自分軸信仰は、他者だけでなく、社会にも迷惑をかける事態となっているようです。

自分の内なる声こそ真実だ!

この声にそって動けば願いが叶う!

という思いがあるのだと思われます。

たしかに、それも事実かもしれませんが、忘れてはいけないのが「他者」という存在です。

人生というのは、自分一人の力で成り立っているものではありません。

見えるところ、見えないところで、かならず他者が関わってくれています。

その他者をないがしろにするということは、当然、自分の周囲との調和が保てなくなります。

自分軸信仰に対する疑問

また、スピリチュアルの先頭を走る方たちの中には、強い自分軸信仰によって、世間が目を引くほどバリバリ願いを叶えている方たちもいるようです。

しかし、願いを叶えているのは当の本人だけで、その人を慕い、そのノウハウを得ようとする人たちは、得られるものとは反比例して、そこにつぎ込むお金が多くなってしまうという現状もあるようです。

今やスピリチュアルも、ビジネスとして成り立っていますからね。

すべてのスピリチュアルが悪いというわけではありませんよ。

どちらが加害者で被害者かという視点は、コスモ・ライフォロジーは持たないので、その件に関するお話には触れません。

ただ、ここでお話したいのは、

natan
natan

本当にこれは、正しい自分軸の概念なのだろうか?

ということだけです。

宇宙と自然界のように、調和していないじゃないかと。

本来の自分を取りもどし、社会と調和するはずの自分軸が、なぜこのような事態に陥ってしまっているのだろうかと。

コスモ・ライフォロジーは、ただそのことだけに焦点を当てて考えています。

既存の自分軸信仰は古い時代の考え方

ミックスツイン構造で見てみると、自分軸の概念がどのような状態になっているかがすぐわかります。

コスモ・ライフォロジーの視点からいえば…

既存の「自分軸」の概念自体が、一意的な理性主義の考え方である

ということ。

ようするに、ミックスツイン構造の宇宙的男♂の意識によって、自分軸という言葉が概念化されているということです。

現状の自分軸の概念に、宇宙的女♀の「多様性」という概念が抜けているんです。

なので、強い自分軸信仰は、今、そしてこれからの時代に適応していないんですよね。

以前もお話しましたが、宇宙的男♂の意識が優位になっていたのは2012年までだからです。

誤解を恐れずに言えば、強い自分軸信仰は、古い時代の考え方です。

既存の女性性のとらえ方も間違っている

また、

これからは女性性の時代よ!

ということで、強く女性性を押しだしているスピリチュアルもあるようですが、その中身は宇宙的男♂の理性主義的内容なので、本当の女性性ではないと私は思っています。

表側の性別は、あまり関係ないんです。

私の知人で言葉の魔術師であるヌーシストさんは、この理性主義社会の女性性について、

インチキ女性性!

と言い放っておりました(笑)

まだ現段階では、本当の宇宙的女♀は出現していないんです。

宇宙的女♀は肉体の性別のことではありません。このことについては、今後もくり返しコスモ・ライフォロジーでお伝えしていこうと思っています。

だから、自分軸を強く持ちすぎるがゆえに、得をするのは情報発信者一人だけであり、「私が世界の主人公」という意識が強くなってしまい、他者そして社会に対して迷惑をかけてしまう事態に陥るのだと思います。

(たしかに、自分の人生の主人公は「自分」ですけどね。)

でも、他者に迷惑をかけてしまったら、それがいつの日か自分にも返ってきてしまいますよね。

でも、そうは言っても、自分の考えをしっかり持つことはとても大切だし…。

natan
natan

どうすりゃいいんだー!!

まとめ

ということで、コスモ・ライフォロジーからの新提案です!

自分の考えを持ちつつ、周囲とも調和するように、

自分軸の概念をミックスツイン構造にする!

という、新しい概念を提案をしたいと思います。

宇宙の構造と同じフラクタル構造であるミックスツインを、自分軸にも当てはめてしまおう!ということです。

次回はそのお話をしたいと思います。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました