ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

本音を知ったらプライドが消えたお話

固定観念の書き換え
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は、本音とプライドに関する私の実体験をお話します。

スポンサーリンク

本音を探る

仕事での話なんですが、私はある日、社長から面倒くさい仕事を任されました。

ワンマン社長なので、やることもハチャメチャ。

natan
natan

勘弁してくれ~。

と思いつつ、業務を引き受けました。

ですが、家に帰っても、頭から仕事の事が離れず、落ち着かない。

エゴが大暴走しております…。

ネガティブなエネルギー大放出だったので、エゴの声に耳を傾けました。

エゴ
エゴ

あれがイヤ!

natan
natan

うん。うん。(うん。うん。の義)

エゴ
エゴ

これがイヤ

natan
natan

うん。うん。

いろんなエゴの言葉に「うん。うん。の義」で対応しました。

エゴを鎮める最強技のご紹介
エゴにのみ込まれると、冷静な判断ができなくなります。そんなときにオススメの、エゴを鎮める最強裏技をご紹介します。

そうすると、次第にエゴが静かになり、喉の奥からグググッ!と本音が出てきたんです。

責任のある仕事なんてしたくない!!

natan
natan

まじか!!!

自分でもビックリしました。

私、こんなこと心の奥底で思ってたんだ。

社会人として、あるまじき行為。

私は根っからの優等生気質なので、この本音に心底ビックリしました。

口では「責任のある仕事したくない」なんて言ったこともありましたが、本音でもそう思っていたことがビックリだったんです。

いや…、本当のところは、この本音を認めることが恐ろしくてできなかったんだと思います。

そしてその後、フッと固定観念が浮かんできました。

仕事は責任を持ってやらなければいけない

昔から人の顔色ばかり伺って、自分に自信のなかった優等生気質な私。

認めてもらうためにはこれやらなきゃ。

頑張らなきゃ。

努力しなきゃ。

そうやって何十年も生きてきた。

natan
natan

でも、心では嫌がってたんだぁ~。
責任のある仕事なんてやりたくないよね~。
そうだよね~。
ずっと本音を押し殺しててごめんね。

固定観念の書き換え

私は固定観念を書き換えることにしました。

仕事は頑張らなくていい。責任持たなくていい。

固定観念を書き換えたら不思議なことに、仕事に対するネガティブな考えがスッと消えたんです。

次の日から私は変わりました。

その面倒だと思っていた仕事を、淡々とこなすことができるようになったんです。

他の人に「この仕事、面倒くさいですよね~」なんて言われても、「なんとかなりますよ♪」と言えるほど前向きになりました。

勝手に責任背負って、勝手に苦しくなっていた私。

固定観念書き換え後の心境の変化

この一件から、仕事に対する考え方が180度変わりました。

  • できなくてもいい
  • 無理しなくてもいい
  • 人に認められなくてもいい

仕事に対するプライドが消えたんです。

プライドが消えたら、仕事の重圧がなくなりました。

そうすると、もっともっと自分のペースで仕事ができるようになったんです。

アイデアもどんどん出てくるし、「ここはこうだと思います」ってハッキリ自分の意見言えるようになったり。

自然と自分に自信が持てるようになりました。

 

本音が出てくるあの瞬間。

喉の奥からグググッ!とくる感じ。

かなり抵抗感ハンパないですが、それを押しのけて出たときの爽快感!!!!!!!

本音探しがかなりやみつきになっちゃいました(笑)

マニアックな趣味ですね(*´ェ`*)

本音を知り、固定観念を書き換える。

たったそれだけで、今まで以上に自分らしく仕事ができるなんて。

これぞ宇宙のパラドックス!!!

まとめ

以上が、私の固定観念書き換えの実例でした。

程よいプライドなら、あっても問題ないと思います。

でもプライドで苦しめられるなら、プライド捨てたほうがもっと自分らしさを出せます。

このお話は、誰にでも当てはまることだと思います。

あなたがもし仕事で悩んでいたら、ぜひエゴの声を聞き流し、本音を知って、固定観念を書き換えてみてください。

私の実例を読んだからといって、「仕事は頑張らなくていい」と固定観念書き換えようとしてもそれはできませんからね。

ここからは、あなたが実際体験、実践することで、本当の固定観念が書き換えられます。

ぜひ手法を参考にして、実践に生かしてください。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました