ようこそ、コスモ・ライフォロジーへ♪

ゴミ箱化する無意識~無意識に追いやった感情は消えない~

garbage-can-1111448_1280宇宙構造論
natan
natan

私の宇宙からこんにちは、natanです。

今日は無意識について、心理的な観点からお話したいと思います。

スポンサーリンク

無意識に追いやった感情は消えない

コスモ・ライフォロジーでは、無意識フィルターのクリーンアップの大切さについてお話していますが、今日は少し表現を変えてお話してみたいと思います。

スピリチュアルでは「無意識を味方につけると、人生が変わる」と、よく言われると思います。

私も最初は

natan
natan

あ、そうなんだ!無意識を知ることで人生変えられるんだ!

と単純に思ったものです。

でも、実際、自分の無意識と向き合いつづけて思ったことは…

無意識と向き合うことは勇気がいる

ということ。

無意識のフタを開けることって、人によってはすごく怖いことだと思ったんです。

なぜなら、無意識には自分がこれまで抑圧してきた本当の感情や思いが、そっくりそのまま残されているからです。

小さい頃から親に愛されるため、他人に受け入れてもらうために、本当の感情を見てみぬふりをして、外側に自分を合わせる形で人生を歩んできました。

その見てみぬふりをした感情は、消えてなくなることはなかったんです。

ずっと、無意識である心の中に押し込めていたんです。

なので、

現状の無意識はゴミ箱化している状態

だと思いました。

ゴミ箱

もっと近いイメージは、クレヨンしんちゃんのみさえの押し入れが現状の無意識に似ています。

わかるかな?(笑)

まずは、

無意識に追いやった感情は消えてなくならない

ということを知ってください。

無意識内を整理整頓することが大切

そして、スピリチュアルでいわれる「無意識を味方につけると、人生が変わる」というメッセージは、コスモ・ライフォロジーの構造で考えてみても、たしかにそうなんですが。

現状の無意識がごちゃごちゃした状態では、それを味方につけることはできません。

味方につける前に、

無意識内を整理整頓することが必要

だと考えます。

押し入れを整理するとき、

あ、こんな写真あった!

あ、このプレゼント、あの人からもらったものだ!

と、過去をふり返ってなかなか作業が進まなくなるときってありますよね?

無意識に向き合うことも、これに似ています。

過去に忘れ去っていた思い出や感情が、わんさか出てくるんです。

押入れの比ではないくらいに、たくさん出てきます。

しかも、それらはこれまで抑圧してきた自分の本当の感情なので、向き合うことがとても辛かったりします。

悲しさ、悔しさ、痛み、恨み…。

楽しい思い出は顕在意識に上がりますが、抑圧して見てみぬふりをしてきたものは、無意識側へ追いやられています。

なので、

無意識と向き合うことは正直シンドイこと

なんです。

ここと向き合った人だけが、人生を変えていけるんです。

みなさんは無意識と向き合う勇気はありますか?

本当の感情を認めて、受け入れること

無意識と向き合うことは、過去の傷を引っかき回すことではありません。

過去に感じた悲しかったこと、辛かったこと、悔しかったことを認めること。

本当の感情を認めて、受け入れること。

  • あの人を憎んでいた過去の自分を認めて、そんな自分を許すこと
  • 親、兄弟や姉妹、友達、恋人に対して持った怒りを認めて、許すこと

感情を抑圧してしまう人には、真面目な人が多いのです。

その真面目な人は、自分に「〇〇でなければいけない」と心理的な法を課してしまうのです。

そういった方が心を病んでしまうのです。(私もそうでした。)

でもね、自分自身を受け入れていない人が、他者に受け入れられるはずがないのです。

なぜなら、抑圧してきた感情は、”無意識に”日頃の行動に出ているからです。

意識には上がらなくても、行動や言動に出ています。

それを他者は敏感にキャッチしています。

「私は真面目である」と思う方にお伝えします。

真面目の方向性が違います。

本当の真面目は、自分に素直になること

です。

意識を反転させてください。

それが本当の「真面目」です。

加藤諦三先生の教え

社会学者であり、早稲田大学名誉教授の加藤諦三先生の音声が大変勉強になります。

私がはじめて「本で人生が変わった!」と思えたのも、加藤先生の本でした。

この動画内で加藤先生は、抑圧している感情が、どのように現実に作用しているのかについて語っていらっしゃいます。

「無意識を理解しないと、社会、人間関係も理解できない。」

「親からの自立やオイディプスコンプレックスは、ギリシャ神話、旧約聖書の頃からある。何千年にわたって、人間の基本的問題は変わらない。」

「人に嘘をつくより、自分に嘘をつくことの方がはるかに深刻。人に嘘をついても人生は破滅しないが、自分に嘘をつくと人生が破滅する。」

「自分の中にある見たくない感情がある。見たくない感情を見ることが成長であり、見たくない感情を見ない、これが抑圧である。」

「心理的に未解決の問題が無意識にあり、それをすべて今の目の前の人間に置き換えて見ている。人間関係の悪さは、未解決の問題が多いからである。」

無意識を知ることは、ありのままの自分を知ること。

ぜひ、上記の動画も合わせて、無意識への知識を深めてみてください。

まとめ

無意識内を整理整頓したその先に、本当の自分、本当の人間関係が待っています。

それと同時に、スピリチュアルで言う「無意識を味方につけると、人生が変わる」の意味がわかるようになってきます。

スマホでイヤホンをして、ながら作業をしながら聴くのがオススメですよ。

ぜひ聴いてみてください。

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました